リレンザについて詳しく解説いたします。

吸引タイプするお薬リレンザ

リレンザの説明をする薬剤師

インフルエンザウイルスの感染によって起きる諸症状の緩和と感染症の予防に対して効果を発揮する薬の一つである「リレンザ」の最大の特徴は、なんといっても吸入タイプの医薬品であることです。
吸入タイプの医薬品はリレンザの他にも、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患の患者に用いられる製品がよく知られています。
このタイプの医薬品は、購入時に付属されてくる専用の吸入器を用いて薬剤を体内に取り込みます。
スムーズに薬剤を投与できるようになるには吸入器の操作に慣れる必要がありますが、錠剤タイプやカプセルタイプの医薬品より薬の有効成分が吸収されるのが早く、患部に到達するスピードがはやいため、薬の効果が早くあらわれるのがメリットです。
インフルエンザに限って述べると、日本で処方されるインフルエンザの治療薬にはこの他にもカプセルタイプの治療薬とシロップタイプの治療薬がありますが、これらを選択せずにリレンザを選択する医師が少なくありません。
リレンザは、吸入器と薬剤の入ったディスク複数枚で1セットの製品となっています。
ディスクにはブリスターと呼ばれる凸部分が4箇所あり、それぞれに有効成分であるザナミビルが封入されています。
1回の吸入でブリスターは2つ使用し、1日でディスク1枚を消費する仕組みになっています。
実際に吸入する際には、まずブリスターが凹んでいる部分にはまるようにディスクを吸入器にセットし、吸入器本体の白い部分を垂直に立ててブリスターに穴を開けます。
あとは本体を元に戻し、吸入器を水平に持ち、吸入口から薬剤を体内に取り込んで2~3秒程度息を止めて安静にするだけです。
吸入は1回で十分ですが、ちゃんと薬剤が吸入されたかどうか心配なのであれば、2~3回程度吸入を繰り返すと良いでしょう。

リレンザはインフルエンザA型、B型でも効くの?

インフルエンザにかかった女性

インフルエンザにはウイルスによってA型B型と種類が分けられていますが、リレンザはインフルエンザのA型B型両方に有効であると言われています。
インフルエンザの治療薬の中にはA型にのみ効果がある薬もありましたが、リレンザは両方の方に効くので、どちらの診断が出ても安心して使用する事ができます。リレンザは粉状の薬を吸入して治療するタイプの薬です。

吸入すると気道に届くのですが、インフルエンザのウイルスは気道で増殖するので、気道に届いたリレンザは直接ウイルスの増殖を防ぐ事ができます。
タミフルを服用した人が副作用とみられる症状で事故が起きた事例があったため、リレンザやイナビルなどの吸入タイプの薬を希望する人が増え、処方される事が増えてきました。
リレンザはどの型のインフルエンザにも有効であると言われていますが、効果を発揮するにはインフルエンザウイルスが増殖しきってしまう前に吸入を始める必要があります。

病院でインフルエンザの診断を受けるには高熱症状が出てから12時間経過している事が望ましいとされていますが、なるべく早く吸入した方が望ましいので、熱が出始めた時間などを正確に把握しておく必要があります。
ウイルスの増殖を防いで重症化するのを防ぐので、リレンザの吸入は時間との戦いであると言えるでしょう。

リレンザは服用するために水が必要な薬ではないので、家に帰らなくても吸入する事ができます。
病院で処方されたら、すぐに吸入し始める事もできるので、なるべく早めに治療を開始する事が大切です。
インフルエンザは高熱が出るため、体力の弱った高齢者や、免疫力がまだ十分でない幼児は重症化しやすく、薬での治療を開始したとしても注意深く見守ることが必要です

リレンザの身体を冷やす効果、副作用の幻覚症状

幻覚症状のイメージ

冬になるとインフルエンザが流行しやすいので特に抵抗力が弱い方は予防を行わないと38度以上の高熱が長期間下がらないなど重症化してしまうことがあります。
高熱が下がらない場合は身体を冷やすことが先決です。冷たいタオルで身体を冷やしたり氷枕をするなどして熱を下げます。
冷やすことを続けても熱が下がらない時は病院で処方される薬に頼るのが一番効果的です。発症から48時間以内であればリレンザを使用することによってそれほど症状の悪化をさせずに済みます。
リレンザは粉末を吸入するタイプの薬で粉状の薬が直接気管に届きウイルスを撃退してくれるので早い効果が期待できます。
またリレンザはインフルエンザA型・B型に対して有効です。薬を使用しない時と比べて早く症状が治まりやすいです。

しかし副作用もいくつか報告されています。その中でも特に危険な副作用として幻覚症状や異常行動が挙げられます。
しかしこれはインフルエンザ脳症が起こっているという説もありまだ明らかな原因はわかっていません。
幻覚が見えることで異常行動を起こすことが多いようで具体的には手足をばたつかせる・わけのわからないことを叫ぶ・窓や玄関から飛び出してしまうなどの異常行動が見られます。
また異常行動を起こしている間の記憶が本人にはないことがほとんどです。他にも下痢や吐き気、発疹、呼吸困難などが見られることもあります。

リレンザはこのような副作用が心配なのですがインフルエンザは放っておいた方が危険度が高くなります。
特に子供や年配の方になると体力があまりないので治療薬を使用せずに完治させるのは難しいです。インフルエンザのような症状が出た場合にはすぐに病院へ行くようにしましょう。