インフルにはリレンザ!水痘や体温計の水銀の安全性

子供がかかる病気には色々ありますが、ポピュラーな病気として、インフルエンザがあまりにも有名です。気温が低く、乾燥しがちな冬の時期にインフルエンザウイルスが蔓延しますが、夏の蒸し暑さが続く時期に流行する例も存在します。
インフルエンザの治療薬として使われているのが、リレンザです。世界初のインフルエンザ治療薬である点に注目です。A型、B型のインフルエンザの症状によく効いてくれます。
内服タイプではなく、吸引タイプの治療薬です。ブリスターにはめ込んで粉状のリレンザを体内に取り込みます。やや甘みが感じられるため、子供でも嫌がることなく薬を吸引できるのがメリットです。
リレンザを使用する期間は5日間です。この期間を守らなければ、十分な効果が発揮されませんので注意しましょう。副作用があるものの、その発生率は極めて低くなっており、安全に使用できます。
他に子供がかかりやすい病気として、みずぼうそうがあります。漢字で書くと、水痘です。発熱と全身に発疹があらわれるのが特徴です。
水痘帯状疱疹ウイルスが原因ですが、感染力の強いウイルスとあり、病気になったなら他の人にうつさないように、治るまで自宅で安静にすることが大切です。軽度であれば数日で治ってしまいますが、場合によっては二次感染の恐れがあり、侮れない病気です。水痘は自治体が実施している、予防接種で防ぐことが可能です。
水俣病を発症した子供が過去に話題となったことから、その原因である水銀に恐ろしいイメージを持つ人が多くいますが、体温計に使われる水銀は水俣病の水銀とは性質が違い、安全性が高くなっています。子供が誤って体温計を割ってしまったからといって、慌てないようにしましょう。