インフルエンザの治療薬リレンザの後発医薬品

リレンザはインフルエンザの治療薬です。インフルエンザの治療薬にはタミフルなどの内服薬、点滴治療薬であるラビアクタなどがありますが、吸入薬であるリレンザは効果も高く、副作用の恐れが低いとのことで日本国内では多くの医療機関で処方されています。リレンザは一日2回の吸入を5日間続けるようになっています。

インフルエンザの診断は高熱が出てから最低でも6時間から12時間ほど経たないと正確な診断ができませんが、診断がされたらなるべく早く吸入を開始する事が大切です。吸入すると気道に届いてインフルエンザのウイルスが活発に働いたり増えたりする事を防ぎます。そのため、内服薬よりも副作用の心配が少なく、小児にも安心して使う事ができると評判です。インフルエンザの内服薬による副作用で事故などもあったので、病院で診断された際には吸入薬を希望する人も多くなっています。このリレンザは日本では主に治療用として処方されていますが、予防用の薬として使用する事もできます。予防用として処方してもらう場合には、保険の適用がされないため、高額になります。リレンザには後発医薬品も存在します。

日本では販売されていない海外製品ですが、個人輸入を通して手に入れる事ができるため、インフルエンザにかかるわけにはいかない人は個人輸入して手元においておく人もいます。受験生がいる家庭などでは家族の人数分用意しておくと言った使われ方もしているようです。リレンザの後発医薬品の薬品名はビレンザといいます。後発医薬品なので、成分はリレンザと全く同じで、効果も同じように得る事ができます。後発医薬品は開発費がかからないため、薬の価格を抑えて販売する事ができています。