インフルエンザの流行状況と薬名リレンザの処方

インフルエンザは、毎年、晩秋からゴールデンウイークにかけて猛威をふるっています。
その年が暖冬であれば、流行が始まるのが少し遅れることもあります。
インフルエンザに感染している人の数については、決して個別の病院すべてで計測しているわけではありません。
指定された医療機関でカウントを行い、その数値から日本全体での感染者数を推測するというものです。
インフルエンザの流行状況はこのようにして把握するのです。
高熱や全身の倦怠感に苦しめられるインフルエンザは、命を奪いかねない疾病ですので、慎重な対処が望まれます。
一頃は、タミフルが処方されることが通例であったのですが、若い人がタミフルを服用すると、まれに異常行動を惹起することがあり、その副作用には懸念が寄せられています。
そこで、登場したのがリレンザです。
薬名がリレンザで、成分名はザナミビルです。
飲むタイプの薬ではなく、吸入して粘膜に直接作用をもたらす薬なのです。
ザナミビルは、インフルエンザウイルスを細胞内に閉じ込めてしまうことによって、ウイルスが増えていくことを抑制するというメカニズムを持っています。
ですから、ウイルスが増殖した後では効き目はありません。
インフルエンザを発症してから、48時間以内でないと、症状の改善が期待できないのです。
リレンザは、インフルエンザによってもたらされる危険性のある脳炎や脳症などといった重篤な症状を防ぐ働きもいたします。
早期にリレンザを吸入することで、ウイルスの増殖を抑えれば重症化を防ぐことができるのです。
このリレンザは、吸入薬であって口から飲む服用薬ではありませんので、重大な副作用というものはありません。
安心して使用できる点も、リレンザの大きなメリットです。
リレンザは、インフルエンザA型やインフルエンザB型に対して優れた効果を発揮いたします。