インフルエンザの潜伏期間とA型・B型の特徴

インフルエンザには潜伏期間があるというのは、ご存知の方も多いでしょう。しかしこの潜伏期間は非常に短く、2日程度です。その後倦怠感や喉の乾燥、あるいは悪寒などの症状が出た後、すぐに高熱が出て、関節の痛みが現れるようになります。咳やくしゃみ、鼻水などの、風邪とよく似た症状が現れることもあります。ただしインフルエンザの場合、症状の出方が風邪よりも速いです。

インフルエンザ潜伏期間についての詳細情報はこちら

インフルエンザの感染原因

インフルエンザは、潜伏期間中のウイルス感染はあまりなく、周囲の人に感染させるのは発症後です。主に咳やくしゃみでウイルスが空気中に飛んだり、あるいはドアのノブやつり革などを触ることで、感染することもあります。そのためインフルエンザかもしれないと思った場合は、早めに病院に行って、予防薬を処方してもらうといいでしょう。

またインフルエンザに罹ってしまった場合は、1週間程度は仕事や学校を休むようにしましょう。周囲の人に感染させる可能性があるからです。しかしそこまで休めないという場合は、熱が下がってから2日後をめどにしましょう。ある程度は休まないと、まだウイルスが体内に残っているため、ぶり返してしまうことがあります。

ウイルスの感染を防ぐ方法とインフルエンザA型、B型

インフルエンザの感染を防ぐには、まず普段から体力をつけておくことです。それから手洗いをきちんとしておくことで、ウイルスに感染するのを防ぐことができます。それから予防接種をしておくようにしましょう。ただし、実は予防接種をしておいても、感染してしまうことがあります。

それはインフルエンザウイルスに原因があります。特に感染者が多いといわれるA型インフルエンザは、毎年のようにウイルスそのものが変化をしているため、ワクチンを打っても、型が合わないことがあります。このような時は予防接種をしていても、あまり効果がないことが多いのです。またその他に、B型と呼ばれるタイプもあります。

インフルエンザA型とB型の同時感染はある?

このB型のウイルスは、A型に比べるとあまり症状は激しくありません。A型が咳やくしゃみ、鼻水、高熱や関節の痛みなどの症状があるのに対し、B型はあまり高熱が出ず、下痢などの症状が多いのが特徴です。そのため、あまりインフルエンザと気づかないこともありますが、A型よりも長引くことがあります。

またこのB型のウイルスには、2つのタイプがあります。それぞれ異なっていますので、1つのタイプに罹った後に、別のタイプに罹ってしまうということもあります。またA型とB型の、両方に罹ってしまう可能性もないとはいえません。

A型インフルエンザに罹って治っても、B型インフルエンザのウイルスとは異なるので、B型に対する抗体はできません。そのためどちらかに罹り、その後別の型のインフルエンザに罹るということはあります。ただし同時感染というのは、あまり例がありません。全くないとは言い切れませんが、流行の時期はA型の方が早いため、まずA型に罹り、その後B型に感染するということが多いようです。

インフルエンザの治療法は?

インフルエンザの治療方法としては、まず病院で薬を処方してもらうことです。市販の風邪薬や解熱剤は避けましょう。特に解熱剤は、インフルエンザを治すのに必要な発熱を止めてしまうため、その後いつまでも治らないということにもなりかねません。また発熱時には、スポーツドリンクや経口補水液などで、十分に水分を摂るようにします。またB型の場合は、ノロウイルス感染症などと間違えやすいので注意が必要です。

その年のインフルエンザの傾向については、厚生労働省のHPにもアップされていますので、随時チェックするようにしましょう。またこの厚生労働省のHPには、インフルエンザに関する問い合わせ用の相談窓口、それからQ&Aなどもありますので、インフルエンザに感染を予防するには、定期的にチェックすることをお勧めします。