眠気を生まないリレンザの利便性と値上がり傾向の実情

リレンザは、抗インフルエンザ目的で使用される薬です。吸引方式を採る事から若干のコツを掴む必要こそあるものの比較的即効性が高く、ウィルスの増殖を抑える事によって効果を発揮する薬である為に、特に初期症状段階で留まっている間であれば高い治療効果を発揮します。更に服用が主体となる他の薬剤で見られる事のある、異常行動・強い眠気といった副作用が見られません。こうした事から使用に際しては年齢制限等は設けられておらず、近年は優先的に医師が処方する事も多い薬となっています。

利便性も評価も高いリレンザですが、近年はその価格が値上がり傾向にあるのは少し気になるところです。値上がりの理由には、以下の2つが考えられます。

まず1つ目の要因は、リレンザの需要が世界的に高まっている事にあります。これはリレンザの作用を応用する形で、インフルエンザ以外の致死性・感染性の高い危険な感染症において特効薬が存在しない場合に、予防・治療の目的で使われる事例が出て来た為です。備蓄量を増やしている国もあり、需要と供給の関係から価格が高止まりする傾向にあるのです。

もう1つの要因は、日本において個人輸入による利用が増加している事と、為替レートとの兼ね合いです。医師によって処方されるのは治療目的ですが、リレンザはその作用から予防目的での活用も出来るとされ、この目的で個人輸入されるケースが増えています。個人輸入は為替レートによって日本円で換算した場合の価格が変動しますが、昨今は一時期と比べると円安気味にレートが推移している傾向にある事から、価格が高くなっているように見える事があります。

双方の要因が重なる事で、リレンザ購入に必要な金額が上がっているという訳です。